SUSUMUの人事育成制度

”チャレンジ”と“自主性”が教育制度の軸です。

進工業の人材育成の基本は、各職場にあると考えています。
各職場では、”チャレンジ”と”自主性”を生み出すために、上司や部下を越えて、自由に意見し合える環境を築いています。それにより新たな視点や経験を共有し、多くの学びから独創性のある商品を生み出してきました。OJT(on-job training)、仕事を通じて、各世代の視点で学び合うことが、何より重要と考えています。
こうした職場での学びを実現するために、各階層に応じて、どのような能力や役割が必要か定めた人事制度があります。上司はこの人事制度をベースに適切に部下を評価し、仕事のフィードバックを通じて、成長を促進しています。
更に、こうしたOJTを補完するためのOff-JT(Off-job training)として、階層別、職種別に様々な研修を実施しています。(下図参考)
また、社員自らが成長を望んだとき、その”自主性”と”チャレンジ”を会社が支援する制度として、資格取得補助金を設けています。

〈新卒社員のキャリア形成〉

進工業では、新卒社員のキャリア形成のために、3カ月毎の上司との面談や一人一人のスキル管理を行い、レベルに合わせた教育を可能とすることで早期に活躍していただけるサポートを実施しています。
加えて、Off-JT(off-job training)は、多様なリソースを活用した時間に縛られないフレキシブルな研修を用意し社員が自発的に学び、社内外から知識、情報を取得できる環境を整えています。

〈教育研修制度〉

人事制度に定められた役割に応じて、新入社員~管理職まで各階層で様々な教育研修を用意しています。進工業では、人事制度と教育研修を連動させることで、社員の能力が職場で最大限伸長、発揮できる人材育成を目指しています。

〈研修の種類と使い分け〉

研修は用途や目的に応じて使い分けることで効果的な学びを実現しています。
通信/DVDによる研修
受講者が多い共通プログラムは、受講時間の柔軟化し、業務に支障なく、もれなく受講できる環境を用意しています。
社内講師による研修
社内講師により、日常の業務に即した研修の実施をしています。
社外講師による社内での研修
外部のコンサルタント等による研修を実施しています。外部からの知見を得ることによる自己意識の改善、最新情報の取得を目的に実施しています。
派遣研修(社外の集合研修)
情報収集、資格取得、自己意識の改善、他業種との交流を目的に実施しています。